若菜集

維基文庫,自由的圖書館
跳到导航 跳到搜索

Template:Portal 『若菜集』(わかなしゅう),島崎藤村的處女詩集。1897年於春陽堂發行。

 初恋 島崎藤村

 まだあげ初めし前髪の                             
 林檎のもとに見えしとき                         
 前にさしたる花櫛の                                
 花ある君と思ひけり                               

 やさしく白き手をのべて                         
 林檎をわれにあたへしは                         
 薄紅の秋の実に                                       
 人こひ初めしはじめなり                         

 わがこゝろなきためいきの                     
 その髪の毛にかゝるとき                         
 たのしき恋の盃を                                    
 君が情に酌みしかな                                 
 
 林檎畑の樹の下に                                     
 おのづからなる細道は                              
 誰が踏みそめしかたみぞと                      
 問ひたまふこそこひしけれ                       




 妳初留下前髮之際                         
 於蘋果樹下相約                                
 頭上插著花簪                                
 妳嬌美容顏的如花似玉 
                  
 膚如凝脂宛如柔荑的纖纖玉手                         
 遞給我鮮紅欲滴的蘋果                                   
 薄紅之秋累結之果                        
 點燃初戀的星星之火
                   
 當我內心悸動地喘息                      
 撫觸著你娟娟如瀑的秀髮                                    
 歡愉地妳舉杯與我                               
 同飲這愛情的美酒
                                    
 蘋果園林下                                
 自然沿綿的小徑                      
 試問誰踩踏著                     
 讓我更為惦念妳的倩影