淮海集 (四庫全書本)

維基文庫,自由的圖書館
跳到导航 跳到搜索
淮海集 巻一

  欽定四庫全書     集部三
  淮海集目録      别集類二
  巻一
  賦
  巻二
  古詩一
  巻三
  古詩二
  巻四
  古詩三
  巻五
  古詩四
  巻六
  古詩五
  巻七
  律詩一
  巻八
  律詩二
  巻九
  律詩三
  巻十
  絶句上
  巻十一
  絶句下
  巻十二
  進䇿一
  巻十三
  進䇿二
  巻十四
  進䇿三
  巻十五
  進䇿四
  巻十六
  進䇿五
  巻十七
  進䇿六
  巻十八
  進䇿七
  巻十九
  進論一
  巻二十
  進論二
  巻二十一
  進論三
  巻二十二
  進論四
  巻二十三
  論
  巻二十四
  傳
  巻二十五
  傳説
  巻二十六
  表上
  巻二十七
  表下
  巻二十八
  啓上
  巻二十九
  啓下
  巻三十
  簡
  巻三十一
  文上
  巻三十二
  文下
  疏
  巻三十三
  誌銘
  巻三十四
  贊
  跋上
  巻三十五
  跋下
  巻三十六
  狀
  巻三十七
  書
  巻三十八
  記
  巻三十九
  
  巻四十
  挽詞
  後集
  巻一
  詩一
  巻二
  詩二
  巻三
  詩三
  巻四
  詩四
  巻五
  雜文上
  巻六
  雜文下
  長短句
  巻上
  二十二首
  巻中
  三十一首
  巻下
  二十三首
  等謹案淮海集四十巻後集六巻長短句三巻宋秦觀撰觀字少游髙郵人以秘書省正字通判杭州坐黨籍逺貶載宋史文苑傳觀與兩弟覿覯皆知名于時而觀集獨傳宋史本傳稱文麗而思深苕溪漁隠叢話載蘇軾薦觀于王安石安石答書述葉致逺之言以為清新婉麗有似鮑謝敖陶孫詩評則謂其詩如時女步春終復婉弱元好問論詩絶句因有女郎詩之譏今觀其集少年所作神鋒太儁或有之槩以為靡曼之音則詆之太甚呂本中童䝉訓曰少游雨砌墮危芳風櫺納飛絮之類李公擇以為謝家兄弟不能過也遊嶺以後詩髙古嚴重自成一家與舊作不同斯公論矣觀雷州詩八首後人誤編之東坡集中不能辨則安得槩目以小石調乎文獻通考别集類載淮海集三十巻又歌詞類載淮海集一巻宋史則作四十巻今本巻數與宋史相同而多後集六巻長短句分為三巻葢嘉靖中髙郵張綖以黄瓉本及監本重為編次云乾隆四十一年十月㳟校上
  總纂官紀昀陸錫熊孫士毅
  總 校 官  陸 費 墀

 

PD-icon.svg 本作品在全世界都属于公有领域,因为作者逝世已经超过100年,并且于1926年1月1日之前出版。