唐文粹 (四库全书本)

维基文库,自由的图书馆
跳到导航 跳到搜索
唐文粹 巻一

  钦定四库全书     集部八
  唐文粹目录      总集类
  巻一
  古赋
  巻二
  古赋
  巻三
  古赋
  巻四
  古赋
  巻五
  古赋
  巻六
  古赋
  巻七
  古赋
  巻八
  古赋
  巻九
  古赋
  巻十
  诗
  巻十一
  诗
  巻十二
  诗
  巻十三
  诗
  巻十四上
  诗
  巻十四下
  诗
  巻十五上
  诗
  巻十五下
  诗
  巻十六上
  诗
  巻十六下
  诗
  巻十七上
  诗
  巻十七下
  诗
  巻十八
  诗
  巻十九上
  颂
  巻十九下
  颂
  巻二十
  颂
  巻二十一
  颂
  巻二十二
  颂
  巻二十三
  赞
  巻二十四
  赞
  巻二十五
  表奏书疏
  巻二十六上
  表奏书疏
  巻二十六下
  表奏书疏
  巻二十七
  表奏书疏
  巻二十八
  表奏书疏
  巻二十九
  表奏书疏
  巻三十上
  表奏书疏
  巻三十下
  制䇿
  巻三十一
  文
  巻三十二
  文
  巻三十三上
  文
  巻三十三下
  文
  巻三十四
  论
  巻三十五
  论
  巻三十六
  论
  巻三十七
  论
  巻三十八
  论
  巻三十九
  议
  巻四十
  议
  巻四十一
  议
  巻四十二
  议
  巻四十三
  古文
  巻四十四上
  古文
  巻四十四下
  古文
  巻四十五
  古文
  巻四十六
  古文
  巻四十七
  古文
  巻四十八
  古文
  巻四十九
  古文
  巻五十
  碑
  巻五十一
  碑
  巻五十二
  碑
  巻五十三
  碑
  巻五十四
  碑
  巻五十五上
  碑
  巻五十五下
  碑
  巻五十六
  碑
  巻五十七
  碑
  巻五十八
  碑
  巻五十九
  碑
  巻六十
  碑
  巻六十一
  碑
  巻六十二
  碑
  巻六十三
  碑
  巻六十四
  碑
  巻六十五
  碑
  巻六十六
  铭
  巻六十七
  铭
  巻六十八
  铭
  巻六十九
  铭
  巻七十
  铭
  巻七十一
  记
  巻七十二
  记
  巻七十三
  记
  巻七十四
  记
  巻七十五
  记
  巻七十六
  记
  巻七十七
  记
  巻七十八
  箴诫铭
  巻七十九
  书
  巻八十
  书
  巻八十一
  书
  巻八十二
  书
  巻八十三
  书
  巻八十四
  书
  巻八十五
  书
  巻八十六
  书
  巻八十七
  书
  巻八十八
  书
  巻八十九
  书
  巻九十
  书
  巻九十一
  
  巻九十二
  
  巻九十三
  
  巻九十四
  
  巻九十五
  
  巻九十六
  
  巻九十七
  
  巻九十八
  
  巻九十九
  传录纪事读传附
  巻一百
  传录纪事
  等谨案唐文粹一百巻宋姚铉编陈善扪虱新话以为徐铉者误也铉字宝臣庐州人自署郡望故曰吴兴太平兴国中第进士官至两浙转运使是编文赋惟取古体而四六之文不录诗歌亦惟取古体而五七言近体不录考阮阅诗话总龟载铉于淳化中侍宴赋赏花钓鱼七言律诗赐金百两时以比夺袍赐花故事又江少虞事实类苑载铉诗有疏锺天竺晓一雁海门秋句亦颇清逺则铉非不究心于声律者葢诗文俪偶皆莫盛于唐盛极而衰流为俗体亦莫杂于唐铉欲力挽其未流故其体例如是于欧梅未出以前毅然矫五代之弊与穆修柳开相应者实自铉始其中如杜审言卧病人事绝一首较集本少后四句则铉亦有所删削又如岑文本请勤政改过疏之类皆文苑英华所不载其搜罗亦云广博王得臣麈史乃讥其未见张登集殊失之苛惟文中芟韩愈平淮西碑而仍录段文昌作未免有心立异诗中如陆龟蒙江湖散人歌皎然古意诗之类一概收之亦未免过求朴野稍失别裁然论唐文者终以是书为总汇不以一二小疵掩其全美也乾隆四十六年正月恭校上
  总纂官纪昀陆锡熊孙士毅
  总 校 官  陆 费 墀








 

PD-icon.svg 本作品在全世界都属于公有领域,因为作者逝世已经超过100年,并且于1923年1月1日之前出版。